津久見市子育て支援サイト

妊娠したら

■妊娠・出産費用に関する支援
出産育児一時金
妊娠・出産は病気ではないので健康保険が使えず、全額自己負担になります。 「出産育児一時金」はまとまった支出となる出産費用を助けてくれる制度です。
健康保険の加入者が出産したときに一産児あたり42万円が支給されます。 なお、妊娠12週(85日)以降であれば死産・流産でも支給されます。
問い合わせ先:現在加入している健康保険
高額療養費制度
同じ月内に病院などの窓口で支払う自己負担額が限度額を超えた場合、 申請をして認められれば、その超えた分が支給されます。
入院の場合は限度額までの負担となります。
帝王切開等で入院・手術になった場合はチェックしてみましょう。
問い合わせ先:現在加入している健康保険
医療費控除
医療費が多くかかった年に、その医療費の負担を少しでも軽くするために、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
納税者本人、または生計を一つにする配偶者やその他の親族のために、その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費が10万円(所得の合計金額が200万円までの方は所得の合計額5%)を越える場合、 医療費の控除が受けられます。なお、保険金などで補填される金額(出産育児一時金や生命保険や損害保険からの入院給付金、高額療養費でもどってくる分など)があったときは、この医療費から差し引くことになりますので注意が必要です。 ※確定申告の手続きが必要となるので、領収書等はきちんと保管しておきましょう。
□医療費控除の対象となるもの(例示)
●治療費、薬代
●妊娠と診断された後の定期健診や検査などの費用または通院費用
●出産で入院する際に利用したタクシー代等
※電車やバスなどレシートの出ない交通費はメモをしておきましょう。
□医療費控除の対象とならないもの(例示)
●マイカー通院でのガソリン代、駐車場代
●入院に際し、寝巻きや洗面具など身の回り品を購入した費用
●里帰り出産のための帰省費用
●お産用品、文書料、差額ベッド代 等
問い合わせ先 : 臼杵税務署 TEL:0972-63-8522