津久見市子育て支援サイト

妊娠したら

■妊娠中の制度・サービス
妊婦健康診査
 安心して出産を迎えるために、津久見市では妊娠中のお母さんに次のようなサービスを実施しています。妊婦健康診査受診票は、母子健康手帳交付時にお渡しします。妊婦健康診査を公費で受けることができます。
○基本的な妊婦健康診査:14回
○基本的な項目 
・尿検査、血圧、体重測定、問診及び診察(うち2回は、血液検査をあわせて実施)
○子宮頸がん検診
○B群溶血性レンサ球菌検査
○出産予定日に35歳以上の方は、妊娠後期に利用できる超音波検査の受診票(1回)をお渡しします。
※妊婦健康診査受診票は、大分県内の医療機関及び助産所で使用できます。
(血液検査がある受診票は医療機関のみ)県外で妊婦健康診査を受けた場合は、受診票は使用できません。助成の対象となる金額を償還払いします。
※住民票を他市町村に異動した場合は使用できませんので、転出予定の方は母子健康手帳交付時にお知らせください。
※市外から転入した場合、妊婦健康診査受診票等の差し替えが必要です。転入手続きを済ませたら、健康推進課で手続きをお願いします。
妊婦歯科健康診査
 妊娠中の口の中では、ホルモンバランスの変化により歯肉に炎症を起こしやすく、またつわりの影響でむし歯や歯周疾患にかかりやすくなります。
 最近の研究では、歯周疾患と早産、低出生体重児の関連性も指摘されています。また、生まれたばかりの赤ちゃんには、むし歯菌や歯周病菌は存在せず、
 主に家族からうつる可能性が高いこともあります。
 妊婦さんと生まれてくるお子さんのためにも、妊婦歯科健康診査を受け、きれいなお口で赤ちゃんを迎えましょう。
○対象:津久見市に住民票を有する妊婦
○有効期間:出産の前日まで(体調の安定している時期に受診しましょう)
○受診方法:1.事前に下記の妊婦歯科健康診査対応歯科医院に予約する、2.当日は、①津久見市妊婦歯科健康診査受診票、②妊婦歯科健康診査予診票、
③母子健康手帳、④津久見市民であることが証明できるもの(健康保険証など)をお持ちのうえ、受診する。
○注意点:
・受診する前に、お口の中をきれいにしておいてください。
・転出により、津久見市民でなくなった場合、受診票は使用できません。
・妊婦歯科健康診査受診票は、本人以外には使用できません。

<妊婦歯科健康診査対応歯科医院>
歯科医院名 住所 電話番号
秋岡デンタルクリニック 千怒6045番地の3 82-8228
上杉歯科医院  中央町19番10号 82-8420
加納歯科医院 中央町4番7号 83-5756
川野歯科医院 中央町23番3号 82-5354
近藤歯科医院 宮本町19番14号 82-2430
近藤中央歯科医院 中央町8番31号 82-8148
立川和人歯科医院  宮本町6番11号 82-8668
つかもと歯科医院 中央町760番の53号の3 85-1182
ふかえ歯科医院 中田町1番4号 82-1002
増村歯科医院 井無田町2番14号 82-9288
妊婦教室
 妊娠・分娩・育児に関する情報提供、交流会による仲間づくりを行い、悩み・不安の解消を図ります。対象者には母子健康手帳交付時や個別通知でお知らせしています。
問い合わせ先:健康推進課 TEL:0972-82-9523